止水プラグ下水道カメラに

排水の水質管理状況を監視する。監視の目的は公共下水道の維持管理に影響を及ぼす悪質な下水排出状況を把握することにある。悪質な下水排出があった場合はその事業場に必要な措置をとらなければならない。
 
マンホルの止水プラグ入り口を容易通過することができる。
 
下水道施設の検討結果従来のように目標耐用数をもとに改築していく考え方では度によって事業費に大きなばらつきが生じる。ため事業計画並びに予算案を策定する。うえで現実的ではないと言えます。
 
浄化した水を各家屋に引き入れるために木樋とよばれる水道管が敷設されていました。この施設は、水道として必要な沈殿や濾過を行っていたため、現在、日本の水道施設の第1号とみなされています。
 
建設費は下水道事業債と国からの下水道カメラ補助金で行っています。下水道には、各家庭の汚水を流す汚水管と雨水を排除する雨水管がありますが、汚水処理は下水道料金で、雨水排除は税金で行っています。

カテゴリー: 止水プラグ 下水道 テレカメ 横浜   パーマリンク

コメントを残す